ソビエトカメラ

(一般)
そびえとかめら

主に第二次大戦後から冷戦構造が終わるまでの間に、ロシアで製造されたカメラの総称。
ゾルキー、フェド、キエフ、ロモなどの機種名が有名。
初期にはドイツのライカの技術者が係わったために、優れたものが多かったが、徐々にソビエト風になりごつい形のものに変わっていったというのが通説。
古本でしか入手できませんが、中村睦雄氏執筆の書籍「ソビエトカメラ党宣言」は、面白おかしくソビエトカメラを語っています。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ