タイフーン

(映画)
たいふーん

チャン・ドンゴン主演の韓流映画

タイフーン

(一般)
たいふーん

EF-2000戦闘機、Eurofighter Typhoon。
欧州数カ国にて共同開発された戦闘機。
三角形の「デルタ翼」とその前の小さな「カナード翼」が特徴で、現在イギリス・イタリア・スペイン・ドイツの4カ国に制式採用されている。
当初の計画にはフランスも加わっていたが途中で脱退した。

F1と勝負した戦闘機

イタリア国内にてフェラーリのミハエル・シューマッハとスタートダッシュ勝負をした戦闘機としても知られている。(600mダッシュではフェラーリの勝ち、1200mダッシュでは戦闘機の勝ち。)

タイフーン

(サイエンス)
たいふーん

typhoon
北太平洋で発生する熱帯低気圧。日本語の「台風」が英語化したものとよく言われるが、デマである。語源については、ギリシャ語のtyphon(旋風)、アラビア語のtufan(嵐)、中国語の颶風 (ぐふう) の三つが考えられているが、各語が相互に影響しあった可能性もある。大きな嵐の意味でのtyphoonは16世紀後半には英語として使われていた。日本語の「台風」(「颱風」)はtyphoonから中国語経由で明治以降使われるようになった語である。

定義

日本の気象庁が定める「台風」は風速17m以上のものを指すが、国際気象機関(WMO)が定める「typhoon」は風速33m以上のものを指す、という違いがあることに注意。
つまり国際基準の「typhoon」は日本では「強い台風」になる。
「風速33m未満の台風」は「severe tropical storm(風速33m〜25m)」あるいは「tropical storm(風速25m〜17m)」と訳すのが正しい。


ちなみにインド洋ではサイクロン(cyclone)、北大西洋ではハリケーン(hurricane)、オーストラリアではウィリィウィリィ(willy-willy)と名称が変化する。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ