タイムパラドックス

タイムパラドックス

(一般)
たいむぱらどっくす

タイムマシンでの時間遡行 タイムトラベルだのタイムスリップだのによって生じる矛盾のこと。
SF作品のアイディアとして、頻繁に用いられる。

例を挙げると、

1 過去に行って自分の親を殺すと何が起るだろう、といったもの。(親殺しのパラドックス)
2 1970年代まだ「パーソナルフォン」だったころに携帯電話が来たりしたら、といったもの(情報のパラドックス)
3 過去へ行って凶悪犯をやっつけるとかしたら というもの(いかさま師のパラドクス)
4 なにがしかのいろいろをやって 自分で自分造る(生殖のパラドクス 生物学的に無理)

といったものがある。回避する可能性として

a 時間遡行は可能であるが、過去への影響は絶対に不可能 か
b 過去のような感じであるが 実はパラレルワールド か
c ある程度 なら一応可能(自己無矛盾の法則) 

というのが挙げられる。

タイムパラドックス

(スポーツ)
たいむぱらどっくす

タイムパラドックス

生年月日 1998年5月23日生まれ、牡、栗毛
生産者 白老ファーム(北海道白老)
ブライアンズタイム
ジョリーザザ
母の父 Alzao(アルザオ)
馬主 (有)社台レースホース
管理調教師 松田博資(栗東)
競走成績 50戦16勝(うち地方18戦6勝)
主な勝ち鞍 平安S アンタレスS ブリーダーズGC 白山大賞典 ジャパンCダート
川崎記念 帝王賞 JBCクラシック*1
備考 2005年NARグランプリ特別表彰馬



重賞9勝、GI5勝の活躍馬。2004年平安Sで重賞初勝利を挙げると、同年のジャパンCダート(GI)でGI初制覇すると、中央及び地方のダート戦線で活躍し、2005年は川崎記念、帝王賞、JBCクラシックと交流GIを3勝する活躍を見せた。2006年は1年ぶりの勝利をJBCクラシックの連覇で飾り、ジャパンCダートに向けて調整が行われていたが、11月23日の調教後に右第4中手骨々折が判明。2006年12月2日付で競走馬登録を抹消し現役を引退する。今後は北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入りする予定。

タイムパラドックスの血統



ブライアンズタイム
*Brian’s Time
Roberto Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarelea
Kelley’s Day Graustark Ribot
Flower Bowl
Golden Trail Hasty Road
Sunny Vale
ジョリーザザ
*Jolie Zaza
Alzao Lyphard Northern Dancer
Goofed
Lady Rebecca Sir Ivor
Pocahontas
Bold Lady *Bold Lad (USA) Bold Ruler
Misty Morn
Tredam High Treason
Damasi


リスト::競走馬

*1:2連覇

ネットの話題: タイムパラドックス

人気

新着

新着ブログ: タイムパラドックス