タロット

(一般)
たろっと

【tarot card】78枚で一組を形成する占い用のカード。タロー(カード)。
 起源は明らかではないが、13,4世紀ヨーロッパというのが大凡の定説。元々は賭博などのゲーム用に使われていたらしい。
 22枚の大アルカナと56枚の小アルカナから構成されており、小アルカナ56枚から4枚のペイジを抜き取りジョーカー(タロットの愚者に相当)を加えると、プレイングカード(トランプ)と同じ構成になる。
 

(以下はやや特殊な話)

魔術における「タロット」と「生命の木」

 「タロット」と、ユダヤ教神秘主義のカバラで扱われる図像「生命の木」を結び付けたのは、魔術師エリファス・レヴィが最初とされるが、両者が同じひとつの起源から派生したと考えるのは事実上困難。早い話、両者の関連性は後付けである。
 黄金の夜明けから派生した近〜現代西洋魔術では、大アルカナは生命の木における22の「パス*1」に、小アルカナは「セフィロト *2」に関連づけられる。ただし、この内容は、ヨーロッパで一般的らしい「フレンチ・メゾッド*3の照応とは異なる。

 

有名なタロットカード

  • マルセイユタロット(さまざまなバージョンがある)
  • ライダータロット(エドワード・アーサー・ウェイト/パメラ・コールマン・スミス製作)
  • トートタロット(アレイスター・クロウリー/フリーダ・ハリス製作)
  • エッティラ版、
  • ヴィスコンティ版

などが挙げられるが、現在も続々と新作が生まれ続けている。
トラディショナルな「マルセイユ系*4、モダンな「ライダー=ウェイト系」のいずれかに属するものが多い。

*1:生命の木の図像上で、セフィラー(セフィロトの単数形)同士をつないでいるもの

*2:「生命の木」を構成する10(または11)要素の総称で、通常整然と並んだ円という形で表される。ひとつ一つを指す場合は「セフィラー」と呼ぶ

*3:フレンチ・メゾットに於いては大アルカナ22枚をパスに道程するのは誤りであり、番号を持たない愚者と、世界を除いたカード20枚をそれぞれのセフィラに関連づけるべきであるとしていて、ヨーロッパではこの考え方の方が一般的だそうである。

*4:鮮やかな色調を復刻した「カモワン版」、日本で多く流通している「エンゼルタロット」などもこの系統

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ