タンロン遺跡

タンロン遺跡

(地理)
たんろんいせき

(越語:Di tích Hoàng Thành Thăng Long/遺跡皇城昇龍)
2003年からベトナムの首都ハノイで発掘された遺跡群。タンロン昇龍)はハノイの旧称。1010年から1804年までほぼ一貫してベトナム諸王朝がここに都を置いたため、各時代の遺跡が重なっているのが特徴である。2010年8月にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。

新着ブログ: タンロン遺跡