Hatena Blog Tags

ダイナマン

(テレビ)
だいなまん
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

高速戦隊ターボレンジャー 戦隊シリーズ10周年ということを大々的に打ち出して放映開始されたのがターボレンジャーでした つまり、 1.バトルフィーバーJ 2.デンジマン 3.サンバルカン 4.ゴーグルV 5.ダイナマン 6.バイオマン 7.チェジマン 8.フラッシュマン 9.マスクマン 10.ライブマン の先輩10戦隊の10年を引き継ぐ、11番目の戦隊ということだったのです そう、この1989(平成元) 年ごろは、石ノ森章太郎先生原作のゴレンジャーとジャッカー電撃隊は、仲間に入っていなかったんですね

高速戦隊ターボレンジャー 戦隊シリーズ10周年ということを大々的に打ち出して放映開始されたのがターボレンジャーでしたつまり、 1.バトルフィーバーJ2.デンジマン3.サンバルカン4.ゴーグルV5.ダイナマン6.バイオマン7.チェジマン8.フラッシュマン9.マスクマン10.ライブマン の先輩10戦隊の10年を引き継ぐ、11番目の戦隊ということだったのです そう、この1989(平成元) 年ごろは、石ノ森章太郎先生原作のゴレンジャーとジャッカー電撃隊は、仲間に入っていなかったんですね スーパー戦隊の歴史も、このように定義に揺れがあったんです でも、現在ではゴレンジャーは第1の戦隊、ジャッカー電撃隊は…

超電子バイオマン スーパー戦隊シリーズなのにタイトルに「戦隊」が入っていない超電子バイオマンです フランスで大人気だったとか 続く、チェンジマン、フラッシュマンなどが、それぞれバイオマン2、バイオマン3のタイトルでフランスで放送されたそうでので、その人気のほどがうかがえます ファーストインパクト、刷り込みのすごさですね フランス人にとっては、スーパー戦隊シリーズ = バイオマン なのでしょう さて、私にとっては、ゴーグルVでピークを極め、ダイナマンでシンプルスピーディーになった“名乗りポーズ”が、はた

超電子バイオマン スーパー戦隊シリーズなのにタイトルに「戦隊」が入っていない超電子バイオマンですフランスで大人気だったとか続く、チェンジマン、フラッシュマンなどが、それぞれバイオマン2、バイオマン3のタイトルでフランスで放送されたそうでので、その人気のほどがうかがえますファーストインパクト、刷り込みのすごさですねフランス人にとっては、スーパー戦隊シリーズ = バイオマン なのでしょう さて、私にとっては、ゴーグルVでピークを極め、ダイナマンでシンプルスピーディーになった“名乗りポーズ”が、はたしてどうなるのか――というところにたいへん興味がありましたそうしたら―― シンプル過ぎ!数字しか言わな…

科学戦隊ダイナマン 秘密戦隊ゴレンジャーの頃は単純だったのに、シリーズを重ねるにつれ、戦士たちの名乗りポーズは複雑になっていきました いったいダイナマンではどんな名乗りポーズになるのだろうかと私は思って見ていたら―― 「すっごく単純!」 しかもスピーディーな名乗りポーズになっていたのです 「ダイ、ダイ、ダイ、ダイ、ダイナマン♪」 のアップテンポなメロディーに合わせての名乗りポーズはスピーディーでした ゴーグルV以上に長く複雑な名乗りポーズにしたら、尺が足りなくなる――そんな裏事情があったのかもしれ

科学戦隊ダイナマン 秘密戦隊ゴレンジャーの頃は単純だったのに、シリーズを重ねるにつれ、戦士たちの名乗りポーズは複雑になっていきましたいったいダイナマンではどんな名乗りポーズになるのだろうかと私は思って見ていたら―― 「すっごく単純!」 しかもスピーディーな名乗りポーズになっていたのです 「ダイ、ダイ、ダイ、ダイ、ダイナマン♪」のアップテンポなメロディーに合わせての名乗りポーズはスピーディーでしたゴーグルV以上に長く複雑な名乗りポーズにしたら、尺が足りなくなる――そんな裏事情があったのかもしれません ダイナマンのスーツを見た時、「なんだか野球のユニフォームみたいだな」と私は感じたのですが、その第…