ダイ・ハード4.0

(映画)
だいはーどよんてんぜろ

Live Free or Die Hard (a.k.a: Die Hard 4.0)

  • 2007年|アメリカ、イギリス|カラー|128分|画面比:2.35:1|MPAA: PG-13*1

概要

アメリカ独立記念日前夜。何者かによって、全米のあらゆるインフラを監視するシステムがクラッキングされる。ブラックリストに載っているクラッカー(ハッカー)への一斉捜査が開始され、ニュージャージー州で久々に娘ルーシーの顔を見に来たニューヨーク市警のジョン・マクレーンも、上司の言いつけで不承不承、捜査に強制参加させられる。クラッカーの若造マットのアパートに向かうマクレーンだったが、突如武装した一団の襲撃を受ける。またしてもマクレーンの受難が始まった。
前作から12年振りの続編は、現代らしくサイバーテロを扱った作品となった。ハイテク対ローテク(マクレーン)という構図の、派手で大掛かりなアクション大作。

予告編

関連楽品

*1:Rated PG-13 for intense sequences of violence and action, language and a brief sexual situation.

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ