ダニエル・デネット

(サイエンス)
だにえるでねっと

哲学者・認知科学者、認知哲学者。ダニエル・デネットは、長年、機能主義の立場から人工知能研究を擁護してきた。最近の著書、『ダーウィンの危険な思想』では、進化論的なアプローチの可能性を探っている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ