チェリモヤ

チェリモヤ

()
ちぇりもや

バンレイシ科バンレイシ属に類する植物および、その果実。学名はAnnona cherimola。
原産地はコロンビア・エクアドル地方のアンデス山脈やペルーなど。世界三大美果のひとつ。

特徴

その果実はハート形で緑色、鱗状の外皮。果実は白く、甘くてやや酸味のある味で、ねっとりとした食感。
ペルーでは有史以前から現地語で「冷たい乳房(Chirmoyu)」と称さたり、「森のアイスクリーム」、ヨーグルトのような食感として知られている。
食べるには収穫後に追熟させる必要があり、熟していないものは新聞紙や紙袋で包んで常温保存をする。
日本ではカリフォルニア産(12月〜6月)とチリ産(6月〜11月)のものが流通しており、和歌山県や佐賀県などの一部の地域でも栽培が行われている。

新着ブログ: チェリモヤ