チャンドラ・ボース

チャンドラ・ボース

(一般)
ちゃんどらぼーす

Subhash Chandra Bose
インドの急進的独立運動家、自由インド仮政府国家主席兼インド国民軍最高司令官。
 1897年1月23日インド オリッサ州に生まれ
 1921年にマハトマ・ガンジー指導の反英非協力運動に身を投じ、即時独立を求めるインド国民会議派の急進派として活躍し1937年と1939年には国民会議派議長を務めた。その後、ガンジーら穏健派と対立し国民会議派を除名。
 第二次世界大戦勃発後、1941年インドを脱出して陸路アフガニスタン、ソ連経由でナチス・ドイツに亡命した。ドイツではインド旅団(兵力3個大隊、約2,000人)を結成し、ドイツ軍に協力。1943年東南アジアを占領しインド侵攻を計画する日本の要請により、ドイツUボートで密かにキールを出航、マダガスカル沖で日本のイ号潜水艦に乗り換えて東京に到着。
 日本の支援により1943年10月21日シンガポールで自由インド仮政府首班に就任。また、英領マラヤや香港で捕虜になったインド兵を中心に結成されていたインド国民軍最高司令官にも就任し、インド国民軍は1944年日本軍とともにインパール作戦に従軍。
 終戦直後の1945年8月18日、台湾松山飛行場で飛行機の墜落事故により死去。



本場カレーの伝道者としても有名な、いわゆる「中村屋のボース」(ラス・ビハリ・ボース)とは別人。

新着ブログ: チャンドラ・ボース