チリ大地震

(サイエンス)
ちりおおじしん

2010年2月にチリ中部沿岸地域で発生した地震。チリでは1960年5月のチリ地震に次ぐ大地震となった。
Mm:8.8、東西方向に圧力軸をもつ逆断層型の発震。
震源:南緯36度02分、西経72度35分、深さ約20km
死者:約800人

また、2014年〜2015年の間にも大地震(誘発地震)によりイースター島・アメリカ合衆国ハワイ州(ハワイ諸島)や日本をはじめとした太平洋諸国・諸地域各地にも影響を与えている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ