チンギス・ハーン

(社会)
ちんぎすはーん

1167年?〜1227年
ジンギスカン、成吉思汗とも表記する。


モンゴル帝国の開祖。また、元王朝の太祖とされる。
チンギス・ハーンの息子たちの代にかけて、モンゴル帝国はアジアの大半及びヨーロッパの一部からなる史上最大の帝国になった。


ハーンの称号を得る前の名は、テムジン。

源義経説

その正体は源義経だという説がある。蝦夷地に逃れた後、中国にわたりチンギス・ハーンになったというものである。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ