チンダル現象

(サイエンス)
ちんだるげんしょう

多量の微粒子が散在している流体に光を当てると、微粒子に当たった光が散乱されるため、光の通路が見える現象。
この名前は、イギリスの物理学者チンダルにちなむ。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ