Hatena Blog Tags

テオティワカン

(地理)
ておてぃわかん

世界遺産に指定されているメキシコシティの北東にある巨大な宗教都市遺跡。アステカ語で「神々の都市」を意味し、紀元前2世紀から7世紀ころに栄えた。
現在も太陽のピラミッド、月のピラミッドなどの遺跡が残る。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ