テッサロニキ

テッサロニキ

(地理)
てっさろにき

Θεσσαλονίκη:Thessaloniki
1988年には、テッサロニキ古代ローマ帝国ビザンティン帝国の時代の建築物群が世界遺産に登録された。

テッサロニキギリシャ第2の都市で中央マケドニア地方の中心都市でもある。
人口は約40万。
テッサロニキ港は中世から南東ヨーロッパの海洋交易の中心でバルカン半島トルコを通じ西洋と東洋の交易を中継する重要な港だった。
第二次世界大戦中にはドイツに占領された経験を持つ。
ギリシャの首相は、テッサロニキで年始の所信表明演説を行うのが恒例となっている。

主な輸出品は鉱物とタバコで、工業で栄えた都市。

1997年12月ユネスコ(UNESCO)とギリシャ政府主催の環境問題に関する国際会議・テサロニキ会議*1が開催された。
2008年には、北野武ビートたけし)監督の作品「アキレスと亀」が、テッサロニキで開催されるギリシャのテサロニキ映画祭(第49回)でゴールデン・アレクサンダー賞(名誉賞)を受賞している。

別表記:テサロニキサロニカ

新着ブログ: テッサロニキ