テナー

(読書)
てなー

アーシュラ・K・ル=グウィン『ゲド戦記』シリーズのヒロイン。「腕輪のテナー」。アチュアンの巫女、喰らわれし者アルハの真の名。第2巻『壊れた腕輪』で初登場。
※このキーワードは編集中です。はてな市民の方はご自由に追記してください。

ゲド戦記全6冊セット

ゲド戦記全6冊セット

こわれた腕環―ゲド戦記 2

こわれた腕環―ゲド戦記 2

  • 作者: アーシュラ・K.ル・グウィン,ゲイル・ギャラティ,Ursula K. Le Guin,清水真砂子
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1976/12/10
  • メディア: 単行本
  • クリック: 19回
  • この商品を含むブログ (66件) を見る

テナー

(音楽)
てなー

=テノール。
高い声域の男声歌手(カウンターテナーほど高くはない)あるいはその声域のこと。

最低限上の方の「ラ」は非ファルセットで歌うことが必要である。その上の「ド」はファルセットでも良いが,それくらいの高音部は出ないといけない。

テナー

(音楽)
てなー

「テナー・サックス」の略。

テナー

(音楽)
てなー

邦楽ロックバンド・ストレイテナーの略称

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ