ディエゴ・シメオネ

(スポーツ)
でぃえごしめおね

Diego Pablo Simeone
アルゼンチン出身の元サッカー選手、サッカー指導者。
1970年4月28日生まれ。ブエノスアイレス出身。身長180cm、体重77kg。
現役時代のポジションはミッドフィルダー(主にボランチ)。

クラブ歴

1987-1990
CAベレス・サルスフィエルド(アルゼンチンリーグ)
1990-1992
ピサ・カルチョ(セリエA)
1992-1994
セビージャFC(リーガ・エスパニョーラ)
1994-1997
アトレチコ・マドリード(リーガ・エスパニョーラ)
1997-1999
インテルナツィオナーレ・ミラノ(セリエA)
1999-2003
SSラツィオ(セリエA)
2003-2004
アトレティコ・マドリード(リーガ・エスパニョーラ)
2005-2006
ラシン・クラブ・デ・アベジャネーダ(アルゼンチンリーグ)

代表歴

1994年 FIFAワールドカップ・アメリカ大会出場 ベスト16
1998年 FIFAワールドカップ・フランス大会出場 ベスト8
2002年 FIFAワールドカップ・日韓大会出場
代表キャップ106試合出場11得点

指導歴

2006
ラシン・クラブ
2006-2007
エストゥディアンテス
2007-2008
CAリーベル・プレート
2009-2010
CAサン・ロレンソ
2011.1-2011.6
カルチョ・カターニア
2011.8-2011.12
ラシン・クラブ
2011.12-
アトレティコ・マドリード

経歴など

1987-1988シーズン、アルゼンチンリーグのベレス・サルスフィエルドでトップデビュー。1990年にイタリア・セリエAのピサ会長ロメオ・アンコネターニは疲れを知らず狂ったように中盤を走り回るシメオネを見てチームに誘い、1990-91シーズンにピサへ移籍。31試合で4得点を上げたが、チームはセリエBに転落。
その後スペインへ渡り、セビージャFCに2年、アトレティコ・マドリードで3年プレイ。1994年FIFAワールドカップ・アメリカ大会ではディエゴ・マラドーナとともにアルゼンチン代表として出場。1996年には、アトレティコのコパ・デル・レイ優勝とリーグ優勝に大きく貢献した。
1997-98シーズンから再びイタリアへ戻り、インテル・ミラノに移籍。SSラツィオを経て、2003-2004シーズンから古巣アトレティコ・マドリードに復帰。2005年初頭、キャリアの最後を故国で飾るべくアルゼンチンに帰国、ラシン・クラブにレンタル移籍する。2006年に現役引退を表明。指導者に転身した。


愛称は元々は「チョロ」。その他、ひとでなし、ろくでなし、暴れん坊将軍などと呼ばれて、とっても愛されている。1998年のワールドカップでデビッド・ベッカムを退場させたり、とにかくシメオネが出ている試合はシメオネ見てるだけで楽しい。いろんなところでいろんな汚いことを思いつく限り90分間延々やってる。ピッチを離れると人格者で選手間の人望あつく、家庭では愛妻家らしい。


2011年12月、グレゴリオ・マンサーノ監督の後任として古巣アトレティコ・マドリードの監督に就任。2011-12シーズン、UEFAヨーロッパリーグ優勝に導いた。翌シーズン開幕前のUEFAスーパーカップも制した。


リスト::サッカー選手

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ