ディオクレティアヌス宮殿

(地理)
でぃおくれてぃあぬすきゅうでん

(クロアチア語 : Dioklecijanova palača)
クロアチア南部、アドリア海に面する都市スプリトにあった宮殿。3世紀末から4世紀初頭にかけて古代ローマ皇帝ディオクレティアヌスによって建てられたものである。ローマ帝国崩壊後、異民族の侵入を受けて廃墟になり、7世紀頃から人が居住し始めた。宮殿は現在の旧市街の礎となり、今も霊廟や城壁の一部が現存する。1979年に「スプリトの史跡群とディオクレティアヌス宮殿」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ