Hatena Blog Tags

ディオニューソス

(読書)
でぃおにゅーそす

Dionysos
ギリシア神話に登場する神。豊穣とブドウ酒と酩酊の神とされ、ヘスティアーの代わりに、オリュンポス十二神の1つに数えられることもある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

ディエゴ・アルマンド・マラドーナ: ガリシア人とクロアチア人の人類史上最高の共同芸術 アルゼンチンとクロアチアの繁属 政治神学 神話 サッカーと政治  左翼 ペロン主義者 カストロチャビスモ 奸雄 ビベサ・クリオージャ 神の手(La mano de Dios) エル・ペルーサ D10S ビジャ・フィオリート エストレージャ・ロハ  ロドルフォ・クラリ セサール・ルイス・メノッティ カルロス・ビラルド トマス・カルロヴィッチ"エル・トリンチェ" ダルマ・サルバドーラ”ドーニャ・トタ”フランコ・カリオリッチ

将軍ホルヘ・ラファエル・ビデラが権柄を握り、そのビデラ軍事独裁政権下でアルゼンチンの自国開催のW杯での優勝の基柱を作ったユーゴスラビアのクロアチア人ヴァラジュディン出身 、決してクリオーリョではないロドルフォ・クラリは、彼の門下、良き生徒で教えを仰ぐセサール・ルイス・メノッティに、 同じ種性で、14歳からよく知るディエゴ・アルマンド・マラドーナ・フランコという名の鳳雛を代表チームに加える様に強く勧め、正しい時に新世界にプレゼントする準備を進めていた。 ロドルフォ・クラリ - アルゼンチンでは敬意を込めてドン・ロドルフ...そう呼ばれていた 。ビアモンテ通り1300番にあるアルゼンチンサッカー協…

ニンフって何者?3 「わしには,半神たちや田野の神々,すなわち妖精(ニュンペ)たちやファウヌスたちやサテュルスたち,さらに山々に住むシルウァヌス(ローマの荒れ地と森の神)たちがいる.われわれは,かれらが天上に住む名誉に値すると考えない以上は,かれらに与えた地上をせめて安全な住居にしてやろうではないか.」転身物語にニュンペが登場するのは,この後8回だけですが,ナーイアスは何と17回.ドリュアスは8回.全編にわたってニンフが登場しています.

ニンフって何者?3 ギリシャローマ神話を特徴付けるキャラクターともなっているニンフ(ニムフ,ニュンペー). ラテン文学史上の最高傑作の一つ(平凡社 世界百科事典)とも言われるオウィディウス 転身物語. 田中秀央 前田敬作訳 人文書院版 https://www.amazon.co.jp/ ここに書かれた内容から,ニンフの役割を確認してみようと思います. 転身物語で初めてニンフが登場するのは,"四 狼に変身したリュカオン”. ユピテル(ゼウス)の言葉中. ギガンテス(巨人族)との戦いに勝利したユピテル(ゼウス). しかし,巨人族の後に生命を吹き込まれた人間も神々をないがしろにし,残虐な殺戮を好み,…