デパケンR

デパケンR

(サイエンス)
でぱけんあーる

抗てんかん剤デパケンの徐放錠でムードスタビライザーとしても用いられる

  • 主な作用:穏やかな鎮静作用により精神的な緊張による種々の症状(不安、いらだち、緊張など)や、精神緊張のための筋肉のこり、不眠を改善します。
  • 副作用など:発疹などの過敏症状、吐き気、胃部不快感などがおこる事があります。眠気や、腎障害、運動能力・集中力・反射機能の低下がおこる事もあります。まれに血液障害の報告もあります。
  • 使い方と注意:個々の患者の症状に合わせて服用量が指示されるので、医師(精神科医)の指導をよく守りましょう。勝手にやめたり、増量すると、症状を悪化させる恐れがあるので避けて下さい。ねむくなったり、注意力が低下したりするので、危険な作業や車の運転は避けましょう。

関連語

医薬品

※同成分で「セレニカR」(興和田辺三菱製薬)もあり。

新着ブログ: デパケンR