デュイスブルク

(地理)
でゅいすぶるく

Duisburg


ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州の都市。日本語では「デュースブルク」の表記も一般的。
人口約50万人。ライン川とルール川の合流地点に位置し、古くから河川交通の要所として発展。1290年、帝国自由都市となった。産業革命以降はルール炭鉱の積み出し港として発展した。
ブンデスリーガのサッカークラブのMSVデュイスブルク (MSV Duisburg) の本拠地となっている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ