トウ小平

(社会)
とうしょうへい

中国の政治家。1903−1997。
いわゆる「走資派」として文革派に追い落とされること2回、最終的に文革派に勝利をおさめ、「豊かになれる者から豊かになれ」というスローガンのもと、共産主義と資本主義が混在する「一国二制度」制を創始する。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ