Hatena Blog Tags

トキソプラズマ症

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

20210730(感染症2)MRSAにはバンコマイシンが効く・ニューモシスチス肺炎にはST合剤が使われる・流行性耳下腺炎では難聴になりうる・テトラサイクリン系がツツガムシ病の第一選択薬・肺吸虫はサワガニやモクズガニの生食・Chlamydia trachomatisによるFitz-Hugh-Curtis症候群では腹膜炎や肝周囲炎・マイコプラズマにはアジスロマイシンなどマクロライド系・A群レンサ球菌は血液寒天培地でβ(完全)溶血を示す・リポペプチド系抗菌薬は細胞膜に働く・SS寒天培地はSalmonellaやS

・クロストリジウム(クロストリディオイデス)・ディフィシルは接触感染で伝播し,クロストリジウム・ディフィシル感染症として腸炎を引き起こすため,主に院内感染として問題になる. ・アシネトバクターは接触感染で伝播し,敗血症や肺炎などを引き起こすため,主に院内感染として問題になる. ・MRSAはβ-ラクタム系抗菌薬に対する耐性を獲得しているが,それ以外の系統であれば有効な抗菌薬は存在する.重症MRSA感染症に用いられる抗菌薬にはバンコマイシン,リネゾリド,ダプトマイシンなどがあり,抗MRSA薬と呼ばれる ・MDRA(多剤耐性アシネトバクター)は主にICUにおける院内感染が問題となっている ・カンジダ…