トマス福音書

(読書)
とますふくいんしょ

キリスト教の異端派;グノーシス教団の福音書。
1945年に『ナグ・ハマディ文書』で発見されたが、もはや現代の聖書学で欠かせぬ重要文献であり、マタイ・マルコ・ルカ・ヨハネにつぐ「第5の福音書」だと云われている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ