トリスタン・ツァラ

トリスタン・ツァラ

(アート)
とりすたんつぁら

Tristan Tzara (1896-1963)


本名、サミュエル・ローゼンストック、のちに、トリスタン・ツァラに改名。
1896年4月16日、ルーマニアの裕福なユダヤ人家庭に生まれる。1915年に、チューリヒ大学へ留学。
翌年、フーゴ・バルらと出会い、ダダの活動を始め、『アンチピリン氏の宣言』『ダダ宣言1918』を発表、
チューリヒ・ダダにおける主柱的存在となる。1920年、渡仏し、パリでシュルレアリスムの潮流に加わった。