ト短調

ト短調

(音楽)
とたんちょう

モーツァルト作曲「交響曲第40番」K.550 の愛称(クラリネットが入っているバージョンとこれが入っていないバージョンがある。いずれにせよティンパニは入らない)。
道頓堀を歩いていると,時として,突然頭の中でこの曲が鳴り響くということがあるらしい。実は<道頓堀の午後5時の時報(オルゴール)がこの曲であった>というのが真相(文壇界における定説)。

なお,同作曲「交響曲25番」K.183も同じ調である(映画「アマデウス」の冒頭でサリエリが自殺しかけて病院に運ばれる場面の曲)。どちらの曲も「何かに焦ってプレスト・プレスト」という感じで,この種の曲を聴くと「癒される」どころか,ちゃんとした音楽的感性を持っている人であれば,不安神経症等が発症・増悪する可能性がある。  

ト短調

(音楽)
とたんちょう

英:G minor
独:AG mol
G音(ソ,ト)から始まる短音階.変ロ長調の平行調.
G,A,B,C,D,Es,F,G 音から構成される(自然短音階).
調号は♭が2つ。

ネットの話題: ト短調

人気

新着

新着ブログ: ト短調