Hatena Blog Tags

ドイツ神秘主義

(読書)
どいつしんぴしゅぎ

【deutsche Mystik】
中世後期から近世にかけて、一連の系譜をなすドイツ人神秘家たちによって担われたキリスト教神秘主義の歴史的形態。中世末〜近世ドイツのキリスト教神秘主義の系譜。エックハルト、ゾイゼ、タウラーを代表とし、三者以前のビンゲンのヒルデガルトやマクデブルクのメヒティルト、三者以後の〈共同生活兄弟団〉やニコラウス・クサヌス,ベーメらを含める場合もある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ