ドイツ観念論

ドイツ観念論

(読書)
どいつかんねんろん

意味

(独)【deutscher Idealismus】
18世紀後半から19世紀初めにかけて発展したドイツ哲学の総称。カントに始まり、フィヒテ・シェリングを経てヘーゲルによって完成される。
自然に対し精神を優位とする立場をとり、世界を普遍的理念による体系として構築し、把握しようとする傾向を持つ。

ネットの話題: ドイツ観念論

人気

新着

新着ブログ: ドイツ観念論