ドゥブロヴニク旧市街

(地理)
どぅぶろう゛にくきゅうしがい

(英名:Old City of Dubrovnik、仏名:Vieille ville de Dubrovnik)
1979年に登録、1994年に登録内容が変更されたクロアチアの世界遺産(文化遺産)。ドゥブロヴニクは、クロアチア南部のアドリア海に面した港町で、その町並みの美しさから「アドリア海の真珠」と形容されている。ちなみに、この町は周囲をボスニア・ヘルツェゴビナ領で囲まれ、飛び地になっている。歴史は古く、町の基礎が築かれたのは7世紀初頭とされている。旧市街には、ドゥブロヴニクが繁栄した中世から近世にかけて(12〜18世紀)の建造物が多数残されている。12世紀に建設され、15世紀に再建されたクネズ宮殿(旧総督邸)、14〜15世紀に建設されたロマネスク様式のフランシスコ会修道院、16世紀のスポンツァ宮殿、18世紀再建の聖ブラホ聖堂などがその代表である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ