ドクウツギ

(動植物)
どくうつぎ

ドクウツギ科。「毒空木」
学名"Coriaria japonica"
別名「ヒトコロビの木」
海岸や山地の荒地に自生する落葉灌木であり、日本では主に近畿以東に自生する。

コリアミルチン、ツチン、コリアチンという強い毒性を示すテルペン類を種子や葉に多く含む。
人が食べると中毒を起こし、痙攣、呼吸困難に陥る。
子供が野原に生えた赤い実を食べて中毒を起こす。死亡例もある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ