ドミナント

(ゲーム)
どみなんと

アーマードコアシリーズにおける、「もの凄い戦闘能力を持った人」の通称。「アーマードコア ラストレイヴン」に登場した単語。
とある科学者により提唱された「先天的に戦闘適正に優れた者」と言われており、過去の伝説的なレイヴンは皆ドミナントである、とされている。
「過去の伝説的な傭兵」とは、ラストレイヴン以前の主人公と言われている。

これに転じて、アーマードコアシリーズで、誰もが驚くようなプレイヤーを「ドミナント」、腕に自信のないプレイヤーは、自らを「ゴミナント」と称することもある。

ドミナント

(一般)
どみなんと

ビジネス用語で主にチェーン展開している店舗の出店施策の1つ。ドミナント政策ドミナント戦略とも。
既存店の近隣地域に集中的に出店する手法。物流コストや販売促進費の削減が期待される。
複数の店舗を近隣に出店させることで、消費者の「チェーンに対する認知度」を向上させ、競合チェーンの出店を抑制するという効果もある

ドミナント

(音楽)
どみなんと

ヴァイオリン(ヴィオラ,チェロ,ベース)用の弦の一種。ナイロン製。
thomastik-infeld社開発。それまでガット弦が主体だった弦の市場に登場。ガットに対して様々なメリットを持ち,特にその扱いやすさから一世を風靡した。

ドミナント

(音楽)
どみなんと

音楽用語。属音。主音の5度上の音。またはその音を根音とする和音。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ