ドミニク・ハシェック

ドミニク・ハシェック

(スポーツ)
どみにくはしぇっく

Dominik Hasek
アイスホッケー選手。ポジションはゴーリー。
1965年1月29日生まれ。チェコ(当時はチェコスロバキア)出身

1983年のドラフトでシカゴ・ブラックホークスに指名され、NHL入りする。しばらくは控えに甘んじていたが、1992-1993シーズンのオフにトレードでバッファロー・セイバーズに移籍すると才能を開花。その驚異的なセーブ力で次々とNHLのゴーリー記録を更新し、「支配者 (ドミネーター)」と称される。彼を擁したセイバーズは1998-1999シーズンにスタンレーカップ決勝まで駒を進めるものの、ブレット・ハルの疑惑のゴールによってダラス・スターズの前に敗れた。

2001-2002シーズンにデトロイト・レッドウイングズに移籍。同シーズンに念願のスタンレーカップを獲得し、引退する。が、1年後にカムバック。2006年現在はオタワ・セネターズと契約を結んでいる。

ヴェジーナ賞(最優秀ゴーリー賞)6度、ハート記念賞(シーズン最優秀選手賞)2度、レスター・B・ピアソン賞(NHL選手が選ぶ年間最優秀選手賞)2度をそれぞれ受賞。1998年の長野五輪ではチェコ代表として金メダルを獲得している。

2006-2007、レッドウィングズ復帰。

新着ブログ: ドミニク・ハシェック