ドラゴンクエストV 天空の花嫁

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

(ゲーム)
どらごんくえすとふぁいぶてんくうのはなよめ

スクウェア・エニックス(旧エニックス)から発売されているRPG、ドラゴンクエストシリーズの第5作目。
天空シリーズの第2作目。「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」「ドラゴンクエストVI 幻の大地」と合わせて天空シリーズ三部作と呼ばれている。
オリジナルは1992年9月27日にスーパーファミコン用ソフトとしてエニックスから発売。
その後、2004年3月25日にリメイク版がプレイステーション2用ソフトとして発売された。
2008年7月17日には、再リメイク版がニンテンドーDS用ソフトで発売された。

欧米でもDS版が発売された。意外かもしれないが、欧米ではDS版が初の商品展開である。

主要スタッフ

  • ゲームデザイン・シナリオ:堀井雄二
  • 音楽:すぎやまこういち
  • キャラクターデザイン:鳥山明
  • ディレクション:山名学
  • スーパーバイザー:中村光一
  • プロデュース:千田幸信
  • 開発:チュンソフト(SFC版)、マトリックス(PS2版)、アルテピアッツァ(PS2・DS版)。

本作の特徴

シリーズ作品の中でも特にストーリーに重点が置かれている「親子3代にわたる壮大な旅の物語」。
ストーリーは少年期編と青年期編(前半・後半)の3つに大別される。
サブタイトルの「天空の花嫁」の通り、青年期編前半で結婚イベントがあり、ビアンカフローラのいずれかを妻として選ぶことになる。
システムとしては「ドラゴンクエストIV」から採用された馬車・AI・作戦などはそのまま踏襲されている。SFC版は戦闘に参加できるキャラクターが3人となっている(リメイク版は4人)。
インターフェース面では新たに便利ボタン機能が搭載され、「はなす」「しらべる」「とびら」がコマンドを選択することなく、ボタン一つで実行されるようになった。
本作の新規要素としては、特定種族のモンスターを仲間にすることができる「仲間モンスター」システムにある。同種族のモンスターは最大4体まで仲間にすることができるが、パラメータの数値は種族毎に固定である。このシステムは次回作「ドラゴンクエストVI」にも採用され、「ドラゴンクエストモンスターズ」シリーズへと発展していくことになった。
カジノでは、スロットマシンとモンスター格闘場に加え、スライムレースが追加された。
なお、本編クリア後の要素として隠しダンジョンが採用されたのは本作が初めてである。

プレイステーション2版の特徴

プレイステーション2版はグラフィックスが向上し、マップやキャラクターが3Dポリゴンで表現されている。BGMのほとんどはオーケストラ音源を採用している。
戦闘参加人数はSFC版の3人から4人に増え、ゲームバランスが調整されている。アイテムを入れる大きなふくろ、仲間との会話機能が追加された。仲間モンスターシステムも強化されており、仲間にできるモンスターの種族が増加した。各地に名産品と呼ばれるアイテムが登場し、名産博物館に飾ることができる。また、リメイク版の「ドラゴンクエストIII」で採用されていた「すごろく場」が本作でも採用されている。

ニンテンドーDS版の特徴

PS2版をベースにした移植版だが、グラフィックスやインターフェイスは先にリメイクされていたDS版「ドラクエIV」に準拠。
新たな花嫁候補として、フローラの姉のデボラが追加されている。デボラを花嫁に選んだ場合、男の子・女の子の髪の色は黒となる。
オリジナルの名産品を作ることが出来、すれちがい通信で他の人と交換することが可能。また、タッチペンを使ったミニゲーム「スライムタッチ」が追加された。

関連商品

スーパーファミコン

ドラゴンクエスト ? 天空の花嫁

ドラゴンクエスト ? 天空の花嫁

プレイステーション2

ドラゴンクエストV 天空の花嫁 (DQ VIII プレミアム映像ディスク同梱)

ドラゴンクエストV 天空の花嫁 (DQ VIII プレミアム映像ディスク同梱)

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁

ニンテンドーDS

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁

ネットの話題: ドラゴンクエストV 天空の花嫁

人気

新着

新着ブログ: ドラゴンクエストV 天空の花嫁