ドラフト会議

(スポーツ)
どらふとかいぎ

プロスポーツにおいて選手獲得のために行われる会議。「ドラフト」と略す事もある。

通常は新人選手を指名するために行う新人選手選択会議を指す。他に現役選手を分ける分配ドラフトや、2次ドラフトなどもある。

毎年シーズン終了後*1に行われ、各チームが新人選手を指名する。

1936年にNFLで初めて行われ、米国のプロリーグにおける新人選手獲得方法として広く採用されている。


日本プロ野球(NPB)の場合、1965年より開催。2005年より3年間は高校生ドラフト大学生・社会人ドラフトに分かれ、対象者、自由獲得枠*2の有無において相違があった。同じ選手を指名の場合は競合となり、くじなどで決定する。


プロバスケットボールbjリーグでも初年度から開催している。

*1:MLBはシーズン中

*2:2006年度で廃止。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ