Hatena Blog Tags

ドリップコーヒー

()
どりっぷこーひー

挽いたコーヒー豆の上から熱湯を注いでろ過する、ドリップ式でいれたコーヒー。ドリップとも。drip coffee。

概要

ポットやカップの上に載せられた容器(コーヒードリッパー)の中にフィルターを設置し、ローストされた挽きコーヒーを入れる。その上から熱湯を注ぐとコーヒーの成分を吸収しながらフィルターを通過し、下に滴り落ちて(ドリッピング)容器に溜まっていく。使い終わったコーヒーはフィルターの中に留まり、そのまま捨てる事が出来るため後片付けも簡単である。

紙製のコーヒーフィルターは1908年にドイツのメリッタ・ベンツにより発明され*1、そこから普及したとされる。


カリタ Kalita コーヒー ドリッパー 陶器製 102-ロト(2~4人用) ブラウン #02003

カリタ Kalita コーヒー ドリッパー 陶器製 102-ロト(2~4人用) ブラウン #02003

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ