ドル・コスト平均法

(一般)
どるこすとへいきんほう

Dollar cost averaging

値動きのある金融商品を一定の金額で少しずつ買い足していく運用方法のこと。価格変動のリスクを分散する目的で用いられる。
外貨預金や投資信託をはじめとする「値動きのある」金融商品の購入、投資の手法の一つとされる。

一定の間隔で、一定の金額分だけ、一定の商品を購入すると、一定の間隔で一定の口数を購入するよりも平均取得価格が低くなり、投資効率がよいと言われている。
(=金額を一定にすることで、自動的に「価格の高い時には少数購入」「価格が低い時には増数購入」することになる。)

注意したいこと

  • 度重なる取引手数料の発生
  • 平均取得金額が上昇するので、値動きの激しい金融商品の購入には不向き
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ