ナイジェル・マンセル

(スポーツ)
ないじぇるまんせる

元F1ドライバー。イギリス出身。マンセル
コース上での豪快で派手な走りとバトルテクニック、そしてコース外での直情的でわかりやすいキャラクターで人気を集めた名ドライバー。
ロータスでデビューし、1985年にウィリアムズに移籍。
1987年には同僚のネルソン・ピケと年間タイトルを争ったが、日本GPの予選で大クラッシュを喫し、辛くも生還するも病院送りとなり、タイトルを逃す。
その後『無冠の帝王』と呼ばれる時期が続いたが、1992年にチャンピオン獲得。
1993年にニューマン=ハースからインディカーシリーズに参戦。こちらでもチャンピオン獲得。
1994年もインディに参戦していたが、セナの事故死によりシートが空いたウィリアムズに復帰、スポット参戦した。
その後またごたごたを起こし、現在は一線を退いているも、いろいろと噂の絶えない人物である。
自宅のあるマン島にゴルフ場も所有している。
2005年,グランプリ・マスターズの初戦で優勝。


リスト::カーレーサー

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ