ナノマテリアル

(サイエンス)
なのまてりある

「ナノメートル」とは10億分の1メートルを表す単位。1mと1nm(ナノメートル)を比較すると、地球に対してビー玉くらいの大きさになる。ナノ領域の材料をナノマテリアルと呼ぶ。代表的なものとしてフラーレン、ゼオライト、カーボンナノチューブなどがある。既に触媒や液晶などを通じて身近な生活に入り込んでいるが、新たに医療・化粧品への応用が期待されている材料である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ