ニコチン

(サイエンス)
にこちん

ニコチンとは、アルカロイドの一種である。無色の油状液体。
末梢神経や中枢神経を刺激し、血管を収縮させ血圧を上昇させる。依存性、中毒性があり、例として、タバコの喫煙による頭痛・心臓障害・不眠・苛立ちを感じるなどの症状を催す。
人体に対する中毒量は1 〜4mg
致死量は成人で50〜60mg、
「毒物及び劇物取締法」に指定された毒物。

依存性に対応して、ニコチンガムやニコチンパッチで少しづつニコチン離れをする方法が知られている。

関連語

タバコ
煙草
喫煙者
受動喫煙

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ