ニコラ・サルコジ

(社会)
にこらさるこじ

Nicolas Paul Stéphane Sarközy de Nagy-Bocsa
第6代目フランス大統領(2007年5月~2012年5月)。親米・新自由主義系の新保守主義政治家。1955年1月28日生まれ。ユダヤ系のハンガリー移民2世。内相などを歴任した。
旧来のフランス保守派の高貴な振る舞いとは一線を画し、移民出身ということもあり庶民にわかりやすい言葉の歯に衣着せぬ発言で人気を博している。
学業での成績は悪く、学歴を詐称していた。
2012年5月のフランス大統領選に出馬するも、決選投票にて社会党のフランソワ・オランド氏に敗れた。
→サルコジ

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ