ニュートラム

(地理)
にゅーとらむ

新交通システム路線「南港ポートタウン線」(コスモスクエア〜住之江公園間)の愛称。
かつては中ふ頭駅住之江公園駅間のみが大阪市交通局の運営で、コスモスクエア中ふ頭駅間は大阪港トランスポートシステムOTSニュートラムテクノポート線への直通運転という形態をとっていたが、大阪市OTSから事業を譲り受け、2005年7月1日から両区間が一体的に運営されるようになった。現在はコスモスクエア〜トレードセンター前間が大阪市高速電気軌道の第二種鉄道事業、OTSの第三種鉄道事業という上下分離方式となっている。
運賃体系は地下鉄と一体化されている。
各駅にフルハイトタイプのホームドアが設置され、ATOによる無人運転が行われている。

歴史

駅番号 駅名 読み
“えき”は略
接続
P09 コスモスクエア駅 コスモスクエア 大阪市高速電気軌道中央線
P10 トレードセンター前駅 トレードセンターまえ -
P11 中ふ頭駅 なかふとう -
P12 ポートタウン西駅 ポートタウンにし -
P13 ポートタウン東駅 ポートタウンひがし -
P14 フェリーターミナル駅 フェリーターミナル -
P15 南港東駅 なんこうひがし -
P16 南港口駅 なんこうぐち -
P17 平林駅 ひらばやし -
P18 住之江公園駅 すみのえこうえん 四つ橋線

備考

車庫への出入りの関係で、ラッシュ前後には中ふ頭発着の列車が存在する。
南港ポートタウン線では鉄道法による鉄道事業区間と軌道法による軌道事業区間があり、鉄道区間はコスモスクエア〜トレードセンター前間と中ふ頭〜フェリーターミナル間が鉄道事業区間、トレードセンター前〜中ふ頭間とフェリーターミナル〜住之江公園間が軌道事業区間となっている。


リスト::鉄道路線

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ