ニーナ・シモン

(音楽)
にーなしもん

→Nina Simone

1933年、ノース・カロライナ州の生まれ。
若い頃は、クラシックのピアニストになるためにジュリアード音楽院で学んだ。これは当時の黒人女性としては極めて異例の経歴だった。シンガー/ピアニストとしては、50年代末から頭角を現わし、59年のデビュー・アルバム『ニーナ・シモン』に収録された「アイ・ラブズ・ポーギー」のヒットから、アレサ・フランクリンなどと共に新しい時代の黒人女性シンガーとして注目を浴びる存在ととなった。
 60年代には黒人解放運動にもかかわり、また、ジャズとポップ・ソングの境界を気にすることなく自在に歌いこなしたシンガーでもあった

2003年4月21日、フランスにある自宅で亡くなった。死因は、長い闘病生活のあとの、自然死であるとマネージメントから発表された。70歳だった。

主なアルバム

  • ベスト・オブ・ニーナ・シモン(2002)ASIN:B00006BGN2
  • ソウルフル・アンソロジー〜フィリップス・イヤーズ(2004)ASIN:B0001N1LZY
  • ソウルフル・アンソロジー〜RCAイヤーズ(2004)ASIN:B0001M6IJE
  • ソウルフル・アンソロジ〜コルピックス・イヤーズ(2004)ASIN:B0001J0DYI
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ