ニーノ・ロータ

(映画)
にーのろーた

Nino Rota (1911-1979)

 彼と仕事をするのは真の喜びだった。ニーノの創造性が本当に身近に感じられて一種の陶酔状態が伝染し、まるで私が音楽を作っているかのような気持ちにさえなった。彼は私の映画の雰囲気や登場人物や色彩の中に完璧に入り込み、それらは彼の音楽の中に侵されていった。私にとってはニーノは屈指の現代作曲家の一人であった。彼は完全なる作曲家だった。(フェリーニ

フィルモグラフィ

『白い酋長』(1952)から、『オーケストラ・リハーサル』(1979)まで全てのフェリーニ作品の音楽を担当。

  • 1959 『太陽がいっぱい』--ルネ・クレマン
  • 1960 『若者のすべて』--ルキノ・ヴィスコンティ
  • 1962 『山猫』--ルキノ・ヴィスコンティ
  • 1967 『じゃじゃ馬ならし』--フランコ・ゼッフィレッリ
  • 1968 『ロミオとジュリエット』--フランコ・ゼッフィレッリ(ASIN:B00005GKIX
  • 1972 『ゴッドファーザー』--フランシス・フォード・コッポラ(ASIN:B000063KZ0
  • 1973 『ゴッドファーザーPart II』--フランシス・フォード・コッポラ(ASIN:B000063KZ1

・・『陽は沈み 陽は昇る』(1973)という日活の映画にも参加してるようです。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ