ネオリベラリズム

ネオリベラリズム

(一般)
ねおりべらりずむ

【neoliberalism】「ネオリベ」。

定義

新自由主義。国家によるサービスの縮小と大幅な規制緩和による市場経済重視の経済思想。

概略

“neoliberalism”という言葉に関していえば、元々は、1990年代のアメリカ・クリントン政権下で、民主党が採用した経済政策を指す。政策面で特に強調すべきは、従来の民主党のそれよりも、より中産階級に向けてシフトさせた点と、国際競争力を重視した点である。要するに、グローバリズムが重要な背景としてある、ということ。

日本の論者が、“neoliberalism”を「ネオリベ」と略して口にするとき、アメリカのリベラル勢力による、“liberalism”の時代進化・路線転換ということが、どの程度含意されているかは、不明。

参照

リスト:リスト::政治学関連

ネットの話題: ネオリベラリズム

人気

新着

新着ブログ: ネオリベラリズム