Hatena Blog Tags

ネコ

(一般)
ねこ

元々はレズビアンの隠語で、受け身側の女性を指す言葉。現在は男性同性愛者も使用する。反対語→タチ

ネコ

(動植物)
ねこ

食肉目ネコ科の哺乳類。体長50センチメートル内外。毛色は多様。指先にはしまい込むことのできるかぎ爪がある。足裏には肉球が発達し、音をたてずに歩く。夜行性で、瞳孔は円形から針状まで大きく変化する。本来は肉食性。舌は鋭い小突起でおおわれ、ザラザラしている。長いひげは感覚器官の一つ。ペルシャネコ・シャムネコ・ビルマネコなど品種が多い。古代エジプト以来神聖な動物とされる一方、魔性のものともされる。愛玩用・ネズミ駆除用として飼われる。古名、ねこま。漢字、。ネットにおいては、クマと人気を二分する超人気アニマルである。


見る者を魅了することが多い恐ろしい生物。外見と裏腹に性格は獰猛。
主な武器は爪。特に寝転がっての後ろ足による爪攻撃は加減ができないので要注意。
暖房器具。


関連語:ネコミミ
リスト::動物 愛玩動物

「ねこ」の語源の諸説

古くは「ねこま」とよばれていたらしい。

  • 「鼠好」…ねずみを好む→ねこ(日本釋名)
  • 「禰古末(ネコマ)」…「鼠子(=ネズミ)待ち」の略→ねこ(本草和名)
  • 「寝小魔」…よく寝る小さな動物→ねこ
  • 「睡獣(ねむりけもの)」…よく寝る動物→ねこ
  • 「寝子・寝小」…寝るのを好む→ねこ
  • 「ねけもの」…ねうねうと鳴くけもの→ねこ
  • 「如虎(にょこ)」…虎に似ている→ねこ
  • 「ネ(猫の鳴き声を示す)」+「子(親愛を表す)」→ねこ

など多数の説がある。

「猫」という漢字は
「苗を荒らす鼠を捕まえて、苗の害をなくす獣」の意。

参考

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

青空につられてぶらぶら歩き2. 妙法寺から光明寺への道中,来迎寺ではミモザのつぼみが膨らんでいました.三月には咲くのでは.光明寺では,裏の展望台までのぼってみました.残念ながら富士山は見えませんでしたが,鎌倉で江ノ島までみえる貴重な展望.材木座海岸へ出て,日が沈むのを待ちました.見事な夕焼け!浜辺から見る夕陽は大好きです.材木座からは,いつも出かける由比ヶ浜とは角度も違っていて,それも新鮮でした.妙本寺ではクロネコさんがお出迎え.

1日晴れていた日曜日.青空につられて,昼過ぎから夕方まで,鎌倉をぶらぶら歩きしました. 昨日のブログでは,妙法寺までの道中記録を載せましたが,今日はその続き. 妙法寺から光明寺,光明寺裏展望台,そして材木座海岸の記録です. 妙法寺から光明寺までの道中,小さなお寺・神社を通ります.来迎寺,五所神社,実相寺です. 来迎寺では,「ミモザ」につぼみが沢山ついていました.三月には開花しそうです. 「ミモザ」は英語mimosaの日本語読みで,とてもよく聞く名称ですが,何を指すのか曖昧な名前でもあります. 来迎寺のミモザは,ギンヨウアカシア(マメ科アカシア属).オーストラリア原産で日本で栽培されているミモザ…