Hatena Blog Tags

ネットウヨ

(一般)
ねっとうよ

→ネット右翼

ネットサヨの対義語。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

■自民党議員の「ヤクザ化」について。 笑うに笑えない喜劇である。自民党のチンピラ大臣( 平井卓也 )の、初入閣で調子に乗りまくり、「ヤクザ紛い」の恐喝的言動の音声テープが、仲間内から暴露されたようだ。自民党議員の「ネットウヨ化」もみっともないと思ったが、今度は「ヤクザ化」である。目付きの悪い奴だとおもっていたが〜。平井卓也よ、お前は、ホンモノのヤクザ組織と、何か縁か関係でもあるのか。親か兄弟にその筋のモンでもいるのか。いるわけないだろう。ヤクザ映画の見過ぎだろう。チンピラらしい虚仮威しのハッタリだろう。

■自民党議員の「ヤクザ化」について。笑うに笑えない喜劇である。自民党のチンピラ大臣( 平井卓也 )の、初入閣で調子に乗りまくり、「ヤクザ紛い」の恐喝的言動の音声テープが、仲間内から暴露されたようだ。自民党議員の「ネットウヨ化」もみっともないと思ったが、今度は「ヤクザ化」である。目付きの悪い奴だとおもっていたが〜。平井卓也よ、お前は、ホンモノのヤクザ組織と、何か縁か関係でもあるのか。親か兄弟にその筋のモンでもいるのか。いるわけないだろう。ヤクザ映画の見過ぎだろう。チンピラらしい虚仮威しのハッタリだろう。みっともない幼稚なハッタリ=ヤクザ。さすが 、自民党は、懐が深い。ハッタリ=ヤクザも、入確出来…

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

私は深田萌絵女史の「信者」です。「信者」の何処が悪いのか。「信者」はレベルが低いそうだが・・・。お前らにいわれたくないよ。私が、イロニカルに「信者」だと言うのは、私が深田萌絵女史の思考力と分析力を信頼し、評価しているということだ。私は、小林秀雄や江藤淳、柄谷行人 廣松渉の「信者」でもある。レベル(?)。「信者」にもなれない中途半端な、思考停止の「日和見主義者」=「傍観者」よ、邪魔だから、さっさと消えろ。

私は深田萌絵女史の「信者」です。「信者」の何処が悪いのか。「信者」はレベルが低いそうだが・・・。「ネットウヨ」の、お前らにいわれたくないよ。私が、イロニカルに「信者」だと言うのは、私が深田萌絵女史の思考力と分析力を信頼し、評価しているということだ。私は、小林秀雄や江藤淳、柄谷行人 、廣松渉の「信者」でもある。文句ある(?)。レベルがひくい(?)。「信者」にもなれない中途半端な、思考停止の「日和見主義者」=「傍観者」よ、邪魔だから、さっさと消えろ。 元経産省官僚や親台湾系文化人等は、盛んに深田萌絵発言は嘘だ、デタラメだ、陰謀論だ〜と遠くから批判はするが、具体的批判はない。深田萌絵女史は「討論=対…

高橋洋一と竹中平蔵と菅義偉。 この三人は、小泉政権下で、「構造改革なくして成長なし」というキャッチフレーズを掲げて、日本経済潰しの「小泉・竹中改革」に邁進したトリオである。竹中平蔵が、総務大臣に就任すると、菅義偉は「総務副大臣」に抜擢され、総務省の人脈と利権にくい込むキッカケとなった。言うまでもなく、竹中平蔵が、小泉純一郎(首相)に、自分にゴマスリを続ける子分=菅義偉を、推薦したからだ。この時、高橋洋一も、大蔵省(財務省)から引っこ抜かれて竹中平蔵の「子分」となる 菅義偉、竹中平蔵、高橋洋一の接点は、

高橋洋一と竹中平蔵と菅義偉。 この三人は、小泉政権下で、「構造改革なくして成長なし」というキャッチフレーズを掲げて、日本経済潰しの「小泉・竹中改革」に邁進したトリオである。竹中平蔵が、総務大臣に就任すると、菅義偉は「総務副大臣」に抜擢され、総務省の人脈と利権にくい込むキッカケとなった。言うまでもなく、竹中平蔵が、小泉純一郎(首相)に、自分にゴマスリを続ける子分=菅義偉を、推薦したからだ。この時、高橋洋一も、大蔵省(財務省)から引っこ抜かれて竹中平蔵の「子分」となる菅義偉、竹中平蔵、高橋洋一の接点は、小泉政権時代の「小泉・竹中改革」の時代に出来上がり 、現在のスガ政権まで続いているということにな…

高橋洋一とネットウヨ政権。「小泉純一郎」「竹中平蔵」「高橋洋一」という「構造改革トリオ」(郵政民営化トリオ)が、日本経済をボロボロに解体した・・・。 「小泉純一郎」「竹中平蔵」「高橋洋一」という「構造改革トリオ」(郵政民営化トリオ)が、日本経済をボロボロに解体した・・・という歴史的現実を、直視出来ないどころか、それを賞賛・賛美する「ネットウヨ文化人」と「ネットウヨ民衆」・・・。高橋洋一の「内閣府参与/首切り」事件は、ようやく 、その一角が、切り崩されたということだ。次は誰か。もちろん、お前だよ。いずれに

高橋洋一とスガ=ネットウヨ政権。 「小泉純一郎」「竹中平蔵」「高橋洋一」という「構造改革トリオ」(郵政民営化トリオ)が、日本経済をボロボロに解体した・・・。「小泉純一郎」「竹中平蔵」「高橋洋一」という「構造改革トリオ」(郵政民営化トリオ)が、日本経済をボロボロに解体した・・・という歴史的現実を、直視出来ないどころか、それを賞賛・賛美する「ネットウヨ文化人」と「ネットウヨ民衆」・・・。高橋洋一の「内閣府参与/首切り」事件は、ようやく 、その一角が、切り崩されたということだ。次は誰か。もちろん、お前だよ。いずれにしろ、小泉純一郎以後の、この「悪夢の15年間の自公政権」(笑)が 、日本を、後進国並の…

■江藤淳と西尾幹二の「差異」について。 江藤淳と西尾幹二とでは、私の中では、何かが決定的に違う。江藤淳と渡部昇一、江藤淳と西部邁・・・でも同じである。決定的に何かが違う。それは、「存在論」、ないしは「存在論的思考力」があるかないかである。西尾幹二や渡部昇一、西部邁等の文章には、この「存在論」、ないしは「存在論的思考力」がない。政治イデオロギー的次元でしか読めない。江藤淳の文章は違う。誤解を恐れずに言えば、江藤淳の文章は、左翼にも通用する。それは、江藤淳の文章に「存在論」、ないしは「存在論的思考力」がある

■江藤淳と西尾幹二の「差異」について。江藤淳と西尾幹二とでは、私の中では、何かが決定的に違う。江藤淳と渡部昇一、江藤淳と西部邁・・・でも同じである。決定的に何かが違う。それは、「存在論」、ないしは「存在論的思考力」があるかないかである。西尾幹二や渡部昇一、西部邁等の文章には、この「存在論」、ないしは「存在論的思考力」がない。政治イデオロギー的次元でしか読めない。江藤淳の文章は違う。誤解を恐れずに言えば、江藤淳の文章は、左翼にも通用する。それは、江藤淳の文章に「存在論」、ないしは「存在論的思考力」があるからだ。 私は、今年から 、江藤淳論『江藤淳とその時代 』の連載を、『月刊日本』という月刊雑誌…

米中対立という二元論が隠蔽した差異の哲学・・・深田萌絵小論。 私は、最近 、熱中して見るものも読むものも 、ほとんどない。これもダメ、あれもダメ 、 ともっぱら批判や嫌悪の対象しか見つからない。そうした中で、私は、深田萌絵という「ITビジネス・アナリスト」と名乗っている女性の言論に注目している。私が、認める言論人とは、それぞれの専門領域で独自の業績を持ち、批判や罵倒においては個人名を挙げ、名指しして批判や罵倒ができる人である。だから、私は、西尾幹二も渡部昇一も、西部邁も評価しない。たとえば、専門領域で

米中対立という二元論が隠蔽した差異の哲学・・・深田萌絵小論。 私は、最近 、熱中して見るものも読むものも 、ほとんどない。これもダメ、あれもダメ 、 ともっぱら批判や嫌悪の対象しか見つからない。そうした中で、私は、深田萌絵という「ITビジネス・アナリスト」と名乗っている女性の言論に注目している。私が、認める言論人とは、それぞれの専門領域で独自の業績を持ち、批判や罵倒においては個人名を挙げ、名指しして批判や罵倒ができる人である。だから、私は、西尾幹二も渡部昇一も、西部邁も評価しない。たとえば、専門領域でろくな仕事しかしていないくせに、やたらに政治問題や社会問題に口を出し、口先だけの過激な発言をす…

TSMCの正体・・・iTビジネス・アナリスト=深田萌絵への手紙(3) 私は、深田萌絵の「Youtube動画」を見るまで、「TSMC」の存在をまったく知らなかった。「TSMC」とは、台湾の「新竹」というところにある半導体メーカーであるらしい。私も、新竹には、「焼きそば」の名所ということで、山下聖美教授(日大芸術学部)の案内で、それを食べに行ったことがある。ついでに、市内観光もしたのだが、よく覚えていない。今は、台湾のシリコンバレーと言われているらしいが・・・。しかも、この台湾の新竹にある半導体メーカー(T

TSMCの正体・・・iTビジネス・アナリスト=深田萌絵への手紙(3)私は、深田萌絵の「Youtube動画」を見るまで、「TSMC」の存在をまったく知らなかった。「TSMC」とは、台湾の「新竹」というところにある半導体メーカーであるらしい。私も、新竹には、「焼きそば」の名所ということで、山下聖美教授(日大芸術学部)の案内で、それを食べに行ったことがある。ついでに、市内観光もしたのだが、よく覚えていない。今は、台湾のシリコンバレーと言われているらしいが・・・。しかも、この台湾の新竹にある半導体メーカー(TSMC)の動向が、世界的な半導体不足ということで 、現在の世界経済の、あるいは、日本経済の「台…

ITビジネス・アナリスト=深田萌絵への手紙。 深田萌絵という女性がいる。私が、最近、夢中になっている女性である。彼女の「台湾論」(「半導体論」)は、実に刺激的で、思想的にも面白い。「台湾は決して親日国家ではない」「台湾と中国(大陸)は常に、対立、抗争しているわけではない」「日本の半導体(IT技術)は、台湾を経由して中国に奪われている」・・・と。彼女の専門は、「半導体」のようだ。日米台中をめぐる「半導体戦争」の秘密情報とその分析が、実に面白く、且つテリブルだ。深田萌絵は半導体関連のベンチャー企業の

iTビジネス・アナリスト=深田萌絵への手紙。 深田萌絵という女性がいる。私が、最近、夢中になっている女性である。彼女の「台湾論」(「半導体論」)は、実に刺激的で、思想的にも面白い。「台湾は決して親日国家ではない」「台湾と中国(大陸)は常に、対立、抗争しているわけではない」「日本の半導体(IT技術)は、台湾を経由して中国に奪われている」・・・と。彼女の専門は、「半導体」のようだ。日米台中をめぐる「半導体戦争」の秘密情報とその分析が、実に面白く、且つテリブルだ。深田萌絵は半導体関連のベンチャー企業の経営者でもあるらしい。彼女の提供する多くの情報は、伝聞情報でもテレビや新聞からの第二次情報でもなく、…