ネッビオーロ

()
ねっびおろ

 ・主としてイタリア北部ピエモンテ州でつくられる葡萄品種。バルバレスコ、バローロ、ゲンメ等といった赤ワインの原材料となる。バローロ地区(ワインの王バローロ)やバルバレスコ地区(ワインの女王バルバレスコ)などを中心に、熟成に適した高級ワインを生む。かなり神経質な品種で、涼しい高地で霧に覆われるピエモンテの地以外では必ずしも成功しているとは言えない。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ