ノックアウトマウス

ノックアウトマウス

(サイエンス)
のっくあうとまうす

遺伝子操作によって、1つ以上の遺伝子を欠損(無効化)させたマウス。
特定の遺伝子を無効化させ、正常のマウスとの行動や状態を比較することで、その遺伝子の機能を推定することができる。
1989年、マリオ・カペッキ、マーティン・エヴァンズ、オリヴァー・スミティーズらによって最初に作り出された。
この功績によって、彼らは2007年のノーベル生理学・医学賞を受賞している。

新着ブログ: ノックアウトマウス