ノモンハン

(地理)
のもんはん

現在の中国・内蒙古自治区のモンゴル国境近くの地名。1939年、この一帯で日ソ間の武力衝突「ノモンハン事件」が起きた。
なお、日本では「対ソ連の戦争」としてしか認識されていないが、戦場となった「モンゴル人民共和国」(現「モンゴル国」)でも、重大な歴史的事件として扱われている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ