ノーマン・マクラレン

ノーマン・マクラレン

(アート)
のおまんまくられん

Norman McLaren
実験アニメーションの作家。
1914年4月11日、スコットランドのスターリングに生れた。
エイゼンシュテインの理論と作品に耽溺し、「まづは隗より始めよ!」の精神でパラパラ漫画を発展させたような動画を次々撮っていく。
代表作は「線と色の即興詩」(55年)、「地獄」(36年)、「シンクロミー」(71年)、「色彩幻想」(49年)、「垂直線・水平線」(60年/62年)、「隣人」(52年)、「パ・ド・ドゥー」(67年)等々で、これらは唯一プロダクトされているDVDのBOX作品コレクションで見ることが可能である。3枚のディスクに50作品、Total299分間≒5時間で、彼の73年間の生涯を通覧できる。
フィルムに傷だとか、カメラレス、文字だけ、立体映画、多重露光など、ありとあらゆる動画実験を繰り広げた。また、アニメーション専門のカナダNFBの後進の指導にも尽力した。
1987年1月26日、逝去。

新着ブログ: ノーマン・マクラレン